最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

織田信忠 「本能寺の変」に散った信長の嫡男 (PHP文庫)

  • 82 読みたい
  • 29 現在読んでいるもの

発行元 和田裕弘 .

    Download 織田信忠 「本能寺の変」に散った信長の嫡男 (PHP文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 織田信忠 「本能寺の変」に散った信長の嫡男 (PHP文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 織田信忠 「本能寺の変」に散った信長の嫡男 (PHP文庫) 無料で, 本の無料読書 織田信忠 「本能寺の変」に散った信長の嫡男 (PHP文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 織田信忠 「本能寺の変」に散った信長の嫡男 (PHP文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  近衛龍春
    • レーベル:  PHP文庫
    • 発売日:  2018年03月02日
    • 出版社:  PHP研究所
    • 商品番号:  4430000008479
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「『本能寺の変』で歴史は変わった」とはよく言われることだが、信長のみならず、信忠が死んだことも見据えて、そう言っている人は少ないだろう。本能寺の変が起こった時、信忠は26歳。武田攻め、雑賀討伐などで戦功を重ね、後継者としての力量と判断がようやく信長に認められ始めた矢先の出来事だった。戦場では決して死を恐れない勇将ながら、素顔はなんとかして父に認められようと悩みもがき、そして背伸びをしていた普通の青年。しかし著者は「あとがき」でこう記している。「信長が死んでも信忠が死なずに安土に戻り、軍勢を立て直して惟任光秀に向かったならば秀吉も豊臣姓を名乗らず、家康も神君などと崇められなかったのではないでしょうか。織田幕府は充分に開ける人材だったと思います」。本書は、天才・信長との葛藤、そして弟たちとの後継者争いに悩みながらも、たくましく成長していく信忠の生涯を描いた長編歴史小説である。 【PHP研究所】

あなたも好きかもしれません

織田信忠 「本能寺の変」に散った信長の嫡男 (PHP文庫) by 和田裕弘 ダウンロード PDF EPUB F2