最後に編集されたのは 管理者
16.11.2020 | 歴史

怒る一流 怒れない二流 Forest2545新書

  • 21 読みたい
  • 92 現在読んでいるもの

発行元 マイケル・ボルダック .

    Download 怒る一流 怒れない二流 Forest2545新書 本 Epub や Pdf 無料, 怒る一流 怒れない二流 Forest2545新書, オンラインで書籍をダウンロードする 怒る一流 怒れない二流 Forest2545新書 無料で, 本の無料読書 怒る一流 怒れない二流 Forest2545新書オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 怒る一流 怒れない二流 Forest2545新書 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  向谷匡史
    • シリーズ名:  Forest2545新書
    • 発売日:  2016年08月31日
    • 出版社:  フォレスト出版
    • 商品番号:  5290489451939
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    ■「怒らない」と「怒れない」は大違い!


    フォレスト2545新書のベストセラー『怒らない技術』を筆頭に

    『怒らない○○』という書籍が所狭しと書店に並んでいます。


    みんなイライラ怒っているんですね。


    無理もありません。

    日常生活でのイライラ、社会の不合理に対する怒り、

    思うようにならない自分への憤り……。


    ところで・・・

    「あなたは自分の性格のどこが嫌いですか?」

    あるセミナーで著者が参加者に尋ねたときのこと。


    驚くべきことに、なんと

    「怒れない自分がイヤ」という参加者が多かったそうです。


    「怒らない」ということは

    幸せな日々を送る「最高の生き方」とされています。

    だから、「いかにすれば怒らないですか」

    という書籍がベストセラーになるわけです。


    それなのになぜーー「怒れない」自分がイヤなのでしょうか?


    ■「怒れない」あなたの心のメカニズムとは?


    ーーどうして怒れない自分がイヤなのかな?

    質問に対する一人の参加者の答えがこうでした。


    「だって、頭にきて怒鳴りつけてやりたいのに、それができなくて黙ってしまうから」

    そんな自分を嫌悪するというのです。


    でも、彼らは「自己嫌悪の本質」を見落としています。

    それは「怒れない自分」がイヤなのではなく

    「自分をごまかす自分」

    というものに対して嫌気がさしているのです。


    たとえば・・・

    電車の車内で見かけた傍若無人な乗客に対してーー

    「相手にするだけ損」という言い訳をすることで

    「注意したくてもできない自分に対する言い訳」をしていませんか?


    これでは

    「怒れない自分」に嫌気がさし、さらに「自分をごまかす自分」に嫌気がさすという

    ダブルで自己嫌悪に苦しむことになります。


    ■一流は《怒り》を前向きなチカラに変える!


    自分に嫌気がさせば、人生を積極的に生きていくことは難しくなります。

    ことに、職場での理不尽に「怒れない」となると

    精神的なダメージに加えて出世や仕事の成果にまで関わってきます。


    とはいえ、怒ることが好きな人間はそうはいないものです。

    怒らなくてすむなら、それに越したことはありません。


    しかし、利害が錯綜する社会において、

    「私はこうしたい」「こうありたい」という強い意志を持って生きていくならば

    必ずどこかで他人とぶつかり立ちはだかる障害物に対して

    《怒り》の感情が生まれてくるものです。


    あなたの周囲を見回してみてください。

    広く世間に目を転じてみてください。

    政治家、実業家、スポーツ選手、有能な上司、

    さらにはヤクザからホスト、ホステスまで

    成功している人は例外なく“熱い人間”のはずです。

    “怒れる人々”であるはずです。


    成功者は《怒り》をポジティブな

    「パワー」「モチベーション」「エネルギー」に変えることでのし上がっていくのです。


    本書は

    《怒り》をポジティブに活かす方法について、具体例をあげて解説しました。


    一読すれば、これまでネガティブに扱われていた《怒り》こそ、

    じつはエネルギーの源泉であることがおわかりになるでしょう。

あなたも好きかもしれません

怒る一流 怒れない二流 by マイケル・ボルダック ダウンロード PDF EPUB F2